マザーズ

マザーズは、東京証券取引所が1999年11月に開設した新興企業向けの株式市場です。
Mothersは正式名称を、Market of the high-growth and emerging stocksのそれぞれの単語の頭文字をとった略称となります。
ベンチャー企業など、起業して間もない企業や高成長・拡大が期待される事業、新たな技術・発想に基づく事業を行う企業に対して資金調達の機会を与え、投資家には新たな投資物件を提供することを目的とした新興企業向けの株式市場です。
上場の申請から上場するまでの期間が一部や二部市場よりも短縮化されていて、最短で1ヶ月程度と上場するまでの迅速化が図られています。
上場基準が、既存の一部・二部市場より大幅に緩和されていて、設立後経過年数や利益に関する基準も設けられていない一方で、一部や二部上場の企業の情報・法定開示に加えて第一、第三四半期業績の開示と投資に関する会社説明会を年2回以上開催することを義務づけるなど、上場企業には高い経営の透明性と情報公開が要求され続けることになります。
投資的な面を見た場合では、東証一部・二部に上場している企業と比べて株価の値動きが激しい環境となっているので注意する必要があります。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る