東京証券取引所(東証)

東京証券取引所は、日本でもっとも大きい取引所です。現在ではもっとも多く株式を上場している市場だと言えるでしょう。現在のところは、日本証券取引所グループの一つとなっています。
もともと、日本には多くの証券取引所がありました。各地方に色々なものがあって、それぞれで取引が行われていたのです。なぜかというと、初期の頃は人が取引を行っていたために、多くの人が必要でしたし、通信網も発達していなかったために、地方にも必要だったのです。
コンピュータによる取り引きが普及してきたことによって、証券取引所は多く必要なくなり、統合が進みました。日本の2大取引所というのが東証と大証です。これが統合したことによって役割分担が明確になったと言えるでしょう。東証では現物株式が取り引きでき、大証ではデリバティブが取り引きできるというように役割が決められたのです。
そのために、以前は大証に上場していた銘柄も東証に上場されるようになりました。それによって東証は現物取引を行うための市場としての地位が確立されたと言えるでしょう。大証銘柄と呼ばれるものがなくなり、日本を代表する企業のほとんどが東証に上場されるようになったと言っても良いのです。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る

関連ページ

デフレ
デフレ