融資 50万

融資で50万円を希望するときに必要なことがあります。
この場合、融資限度額は50万円とします。

 

まずは安定した収入があること。それも年収150万円以上が好ましいです。
なぜなら、多くの金融機関の借入限度額が年収の1/3以上借りられない設定になっているからです。
それ以上貸してしまうと、貸す側のリスクが高過ぎて回収できる見込みが下がってしまうからです。

 

だから、50万の融資を受けるときはこのポイントだけは抑えて交渉に臨みましょう。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る

融資50万おすすめは?

融資を行っている各消費者金融や金融機関では限度額50万円までというところがあります。これは金額だけでみれば決して少ない額ではありませんが限度額という点で見れば300万円までというところもあったりますので少ない額であるとも言えます。
しかし限度額が50万円までであるということには理由があります。

 

例えば銀行でのカードローンといった融資では条件付きで収入証明の提出を必要としないところがありその条件というのが
一定金額以下の融資というものになっています。

 

また別のところでは限度額50万円までではあるものの条件なしに収入証明を必要としないというところもあり
消費者金融では原則収入証明を必要としますで50万円程の融資が必要ではあるが何かと手間を掛けたくないのであれば
銀行からの融資がおすすめであると言えるでしょう。

 

また銀行であれば消費者金融と比較した場合に金利も安くなりますし総量規制の対象ではありませんので
借り入れる者の状況にもよりますが複数の業者から融資を受けても年収の3分の1までという制限もありません。

 

しかし当然ながら審査があり銀行での審査は消費者金融より厳しい面があるためにネックとなる可能性があります。

 

ですので審査の通りやすさを考慮するのであれば
消費者金融での融資ということになり消費者金融によっては契約完了まで非常にスピーディーであったり
30日間金利ゼロといったキャンペーンを催しているところもありますので50万円の融資を受けるのであればこういったところがおすすめとなります。