消費者金融 相談したい

MENU

日本国内で展開をしている貸金業者はいろいろなサービスを導入することによって顧客の満足度を高めようとする動きがみられています。
その中でも即日融資のサービスは定番として親しまれており、すぐにお金を借りたい人にとっては心強い存在となっています。

 

ただし、中小の業者の場合には即日融資が無理なこともあるために、できるだけ早く振込みを行ってもらうために、電話相談窓口などに掛け合ってみることが良いとされています。

 

お金を借りる際の基礎知識を覚えておくと、借入を円滑に進めることができます。
お金を借りる際の基礎知識のひとつとして、まず金利というものを覚えましょう。

 

金利とは、お金を借りるにあたって必要なものです。金利はお金のレンタル料金のようなものです。
借りた期間に応じて金利という料金が発生する仕組みになっています。

 

金利のほかにも利子や利息、年利や利率などが存在します。名前は違いますが、どれも同じような意味をもっています。
金利と利率は同じ意味ですし、年利は金利一年当たりの料金を計算するときに使われる言葉です。

 

また、お金を借りる際の基礎知識として返済方式を覚えておく必要があります。
返済方式とは借りたお金をどのようにして返していくのかの計画です。

 

返済方式はできる限り返済回数が少ないほうが良いです。なぜなら、返済回数が少ないほど返済総額も少なくて済むからです。
返済方式の代表的なものは、元利均等と元金均等です。元利均等とは、元本と利子を合計した一回分の返済額を、毎回返済していく方式です。

 

毎回の返済額が一定なので返済計画が狂う心配が少ないのが特徴です。
これに対して元金均等とは、元本を返済回数で割って常に一定の元本と利子を返済していく返済方法です。

 

返済金額が変動するのが特徴です。返済方式は金融機関などでよく相談したほうが良いでしょう。
返済プランは人によって違います。返済総額を少なくすることだけではなくて、毎月の返済が滞らないように計画することも大事だからです。

 

今すぐお金が必要な時に重要な事は、その欲しい日は平日の昼間であるかどうかによって、借りれる場所が限られてきます。
もしそれが週末などである場合は、消費者金融などのインターネットサイトにアクセスして、即日でも対応可能かどうかを確認することが挙げられると思います。

 

平日ですと、もう少し範囲が広がり、銀行系ローンや消費者金融に直接窓口に行って、キャッシングも可能ですが、銀行系は利息は抑え目ですが審査が厳しく、主に大きな金額を借りるときに使用する事が多いため、今すぐにお金が必要という時には、審査に時間が掛かって間に合わない可能性があります。

 

ですので、今すぐお金が必要な時に重要な事の2つ目には、どれくらいの猶予があるかで、やはり借りる場所も限定されてくると思います。

 

その点も消費者金融のほうが、即日対応してくれるところが多く、その代わり大きな金額は非常に難しいと思いますが、少額ならば全く問題なく、しかも審査などのスピードは銀行などに比べたら、断然早いと思います。そして今すぐお金が必要な時に重要な事の3つ目は、すぐに保証人や担保を用意する事ができるかどうかだと思います。

 

担保を用意することができるのなら、質屋に行くという手も使えますが、担保が無いのであれば質屋は無理なので、やはり銀行か消費者金融ということになりますが、銀行の場合ほぼ保証人が必要な場合が多いため、やはり消費者金融のほうが使い勝手が良さそうです。

 

ですので、今すぐお金が必要な時には、消費者金融のサイトをチェックし、即日対応かどうかや借用範囲、そして利息などをきちんと確認してから、そのまま申し込むなり、直接窓口で相談するのが一番手っ取り早いようです。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る