借金 注意点

多重債務を招く借金の注意点

借金の注意点として真っ先に挙げておきたいことは、借金をして手にしたその現金が、本当は自分のものではなく、業者のものだということです。
当たり前のことですが、これをきちんと自覚している人は意外と少なくありません。

 

クレジットカードを使いこなせずにカード破産をしたり、消費者金融を何社も利用して多重債務者になる人というのは大体が借金の注意点を理解しておらず、借入れで受け取った現金があたかも自分の自由に使えるお金になったかのように感じているのです。

 

もうひとつ重要な借金の注意点として、金利がかかることが挙げられます。

 

これも当たり前のことですが、手元に現金がなくて借金をしようと考えているとき、金利について熟考することは非常に大切です。
現在は改正貸金業法で法外な利息をとられることはなくなったとはいえ、未だに正当な金利の上限は20%となっています。

 

単純に考えると、5年間で借入れをした分と同額の利息を支払うことになります。
もちろん、返済を続けることで利息は減っていきますし、借入額によっても上限は変わってきます。

 

しかし、借りている間は多かれ少なかれ金利を取られる事をきちんと理解していれば、何年もの間借金を続けるよりは、借金をしてまで目の前の品物やサービスが必要かと一度立ち止まって考えられるようになるでしょう。たとえ破産や債務整理で借金をきれいにしても、借金に対する考え方を変えなければまた同じ事を繰り返さないとは限らないのです。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る

関連ページ

即日融資は何時まで?
即日融資は何時まで?