キャッシング 高額療養費制度

高額療養費制度とキャッシングについて

キャッシングには「総量規制」というものがあり、通常は年収の3分の1を超える融資は受けられません。

 

ですが、緊急に必要となった医療費等に関しては総量規制の対象外となるため、
たとえすでに年収の3分の1のキャッシングをしていたとしても、追加で融資が受けられます。

 

また、医療費には「高額療養費制度」というものがあり、
1か月の医療費が一定額(70歳以下の一般家庭で80,100円)を超えた分は申請すると数か月後に戻ってくるため、
キャッシングの返済に充てることが可能で、返済のスケジュールを立てやすいと言えます。

 

高額療養費のためのキャッシングには、病院からの医療費の請求書または見積書等が必要となりますので、
キャッシング会社に問い合わせてみましょう。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る

関連ページ

消費者金融でキャッシングをする時はWEB完結を選ぶ
リボルビング返済の出来る消費者金融で借りる
リボルビング返済の出来る消費者金融で借りる
消費者金融と信販系キャッシング
消費者金融と信販系キャッシング
キャッシングは利息で選ぶ
キャッシングは利息で選ぶ
コンビニエンスストアから利用できるキャッシング
コンビニエンスストアから利用できるキャッシング