法人・個人事業主がお金を借りる場合

法人・個人事業主がお金を借りる場合は?

会社を興して事業を行なっている方、個人事業主の方が誰でも通過しなければならないのが資金調達でしょう。資金調達を単純に言うのならそれは、どこかの相手方にお金を借りることになります。お金を借りる先は、金融機関や共済、知り合いに借りることなど様々な方法があるかと思いますが、中心になってくるのが金融機関から借金をすることです。ここで、借金の重要ポイントは確定申告をどうしているか、ということに尽きます。確定申告によって黒字の所得が出ているのかマイナス申告をしているかで金融機関の態度が違います。会社や個人事業主にとって税金は払いたくないものです。たしかに税金は会社の資金を圧迫しするのでひとつの経費として考えても過言ではありません。そこで、税理士がついている個人事業主や会社は節税案を出して欲しいという方向になってきます。そして税理士は節税案を出し、最終的には所得を出さないという着地点にたどり着きます。しかしここに罠があります。冒頭でも説明したように所得を出さないと借金はできないのです。たしかにセーフティーネットなど、財政の厳しい方用の借金もありますが健全に借金をするなら、黒字を出さなければなりません。ここに借金の重要ポイントがあります。さらに、大きな投資を考えている場合は早めに税理士に相談し、節税と借金のバランスを考えてもらうのがようでしょう。このように借金の重要ポイントはいろいろなところに散らばっています。

 

消費者金融ランキングTOPページに戻る

関連ページ

100万借りれるところはどこ?
100万借りれるところはどこ?
50万円まで貸してくれる銀行ローン
50万円まで貸してくれる銀行ローン
30万円大至急必要な人はコチラ
30万円大至急必要な人はコチラ
メールだけで至急30万貸してくれる
メールだけで至急30万貸してくれる
銀行からお金を借りる
銀行からお金を借りる
家を買う時にお金を借りる
家を買う時にお金を借りる
無担保でお金を借りる
無担保でお金を借りる
親族からお金を借りる
親族からお金を借りる
年中無休の消費者金融